ローム浜松株式会社 管理部人事課 係長 笠間 友輔氏【1/2】

topics

JMAに関する最新情報を配信

ローム浜松株式会社 管理部人事課 係長 笠間 友輔氏【1/2】

2016.12.20 企業担当者の声

(ローム浜松株式会社 管理部人事課 係長 笠間 友輔氏)
LSI(大規模集積回路)とLED(発光ダイオード)の製造・開発をおこなっているローム浜松株式会社。
「広く有能なる人材を求め、育成し、企業の恒久的な繁栄の礎とする。」という経営方針の通り、人材教育に力を入れています。
JMAの階層別教育に参加される理由を、管理人事課の笠間氏に伺いました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 前田

社内で研修をおこなうと、逆に割高に

(前田)
階層別研修にご参加いただきありがとうございます。
研修の目的はなんでしょうか?

(笠間氏)
ビジネスの世界で一般的に認知されている「役職者のあるべき姿」を理解してもらうためです。
各役職に就いた際に、まずは世間で同レベルと考えられる役職者の能力や役割を理解してもらう。「学び」の場ですね。これが目的です。
当社の場合、「主任」「係長」「課長」「部長」の昇格者に対して研修をおこなっていますが、階層別研修を通じてそれを理解してもらいたいと考えています。

(前田)
役職に必要とされる能力や役割など「ベースとなる思考回路」の提供ですね。

(笠間氏)
そうですね。個人で書籍を買って独学で勉強しても良いのですが、そうすると個人差ができてしまい、人によって認識がバラバラになってしまう可能性があります。
選ぶ書籍によっては趣旨も違うし、フォーカスしている部分も違いますよね。
自己啓発は会社としも支援制度を設けていますので、それ自体は良いことなのですが、会社としてベースとなる部分がないと統一感がなくなってしまいます。
ですから、人事が包括的に案内する必要があると思っています。

(前田)
社内で研修をおこなうことは検討 されなかったのですか?

(笠間氏)
できれば社内で実施したかったのですが、昇進者が毎年多くいる訳ではありませんので、どうしても小規模になってしまいます。
そうなると、当社に講師をお呼びする形では、逆に割高になってしまいます。

(前田)
なるほど。それでは「ベースとなる思考回路」を提供するという目的がまずあって、加えて「コストのメリット」があったということですね。

(笠間氏)
そうですね。会社としては、各役職者にはその役職に求められる能力や役割について共通認識を持ってもらいたい。
それに付加していく部分は、会社として強化したい分野の別プログラムを用意するとか、それぞれ個人で習得してもらいたい、と思っているんです。
とにかくベースとなる部分は、共通したもので抑えておきたかったわけですね。

JMA日本能率協会は「製造業に強い」研修

(前田)
JMAの研修を選んだ理由は?

(笠間氏)
JMAさんは昔から 研修をされていた歴史があるということ。後は「製造業を理解した研修である」ということも理由です。
製造業の会社の構成を踏まえたセミナーを実施されていることが、セミナーのテキストを読んでわかりました。
だから、貴団体にお願いをしました。歴史があり「製造業に強い」というと貴団体くらいしかないのではないでしょうか。
社員のほとんどがエンジニアになりますので、少しでも自社の成り立ちに近いセミナーの方がいいのかなと。
研修での実例の挙げ方 も当社の実務に近いものだと思います。

(前田)
JMAにご決定いただいた決め手になったことがありますか?

(笠間氏)
いくつかの研修を提供している企業にお願いする機会があったのですが、パンフレットなど参考になりましたし、いろいろやってみて貴団体に決めました。

(前田)
一度、トライアルで何社かを試して、JMAに決めていただいたということですね?

(笠間氏)
そうですね。