部長のための人材育成力・組織連携力強化コース

course

部長のための人材育成力・組織連携力強化コース

部長のための人材育成力・組織連携力強化コース

ねらい・学習ポイント

ねらい
ねらい
部長になられた方は、課長時代にエースとして活躍し、部長になっています。そのためつい従来の延長で仕事と部下に向き合ってしまいます。しかし、部長は、直属の部下である課長に権限を委譲し、業績に直結できる存在になってもらわなくてはなりません。すなわち、業績をアップさせる力のある課長を育てることが部長の役割の1つです。さらに、会社全体の業績向上に向けて、成果を出すための組織間の連携を進めることも重要な役割の一つです。
本コースでは、部長として「主たる部下である課長を育成する力」を身につけるとともに、「組織の連携で成果を出す力」、また、影響力を自覚し周囲からの期待を知ることを目的に開催いたします。
学習ポイント
学習ポイント
  1. 1. 課長を育成する ― 課長を創造者・変革者に導き、組織全体への波及効果をねらう。
    過程で部長自身も成長する。
  2. 2. 組織連携強化のポイントを修得する ― 階層間連携、部門間連携の両方を考え、対話の質をあげていく。
  3. 3. ケーススタディの後、自社組織研究と実行プランまで落とし込む。

対象・定員

プログラム概念図

部長の期待・役割

プログラム(1泊2日 合宿コース)

プログラム全日、昼食12:00~13:00

プログラム
  • ※グループ内自己紹介

    1, 部長への期待をとらえる

    • 役割マップによる部長としての役割を確認する
      [役割マップによる業務の棚卸し]

    2, 人づくりと連携を考えるケーススタディ

    1. ある部長たちのケース~人づくりと連携の教訓を考察する~
      [ケーススタディによる課長育成、連携の原則、対話の原則の発見]

    3, DiSC による自己理解

    (夕食交流会19:00~20:00)

  • 4, 課長を育成する

    1. 部長から見た「できる課長」の条件とは
      [できる課長の定義を部長の立場から確認する]
    2. 私たちは課長をどう育てるのか
      ・課長育成プランの策定
      [権限委譲のあり方を中心に検討]

    5, 組織連携を強化する

    1. 組織連携とは
    2. 組織連携課題は何か
      [上下左右の連携のあるべき姿と実現課題、その取り組みの研究]

    6 ,まとめ

  1. DiSCとは人間の行動傾向を「D」主導型、「i」感化型、「S」安定型、「C」慎重型の4つのパターンに分類し、
    自己認識・他者理解を深めるために活用いただくアセスメントです。
  2. プログラム・スケジュールは変更することがありますのでご了承下さい。

受講者の声

  • ただ講師の話を聞くだけではなく、手を動かし、口を動かし、頭も動かす研修なので、自主性が問われますが、その分得られるものも多いと思います。

    金融業 / 40歳代 / 男性

    VOICE.1
  • 他社の同様の立場の方々との交流を通じ、気づくことが多かったです。特に部下育成の課題について、つきつめると自分が悪いことに気付いたのが印象的でした。

    サービス業 / 50歳代 / 男性

    VOICE.2
  • 人材育成の重要性とそこに対するアプローチのセミナーだった。グループ討議で良い話が聞けた。

    情報通信業 / 40歳代 / 男性

    VOICE.3
  • 人材育成は目的を持った対話が必要で、育成は自分も変わることが大切だと思った。

    建設業 / 50歳代 / 男性

    VOICE.4
  • 講義・演習だけでなく、懇親の場は有要だと思った。他業種のメンバーなので、セミナーでの気づきが多かった。

    その他製造業 / 40歳代 / 男性

    VOICE.5
  • 人材育成における部長のかかわり方は非常に役に立った。

    化学工業 / 40歳代 / 男性

    VOICE.6

部長のための人材育成力・組織連携力強化コースのお申込み

講師・参加料

講師
杉山 伸朗 経営コンサルタント 杉山伸朗事務所 代表
参加料金(税抜)
日本能率協会法人会員 135,000円/1名
上記会員外 156,000円/1名
  1. 本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。
  2. テキスト(資料)費、昼食費および合宿費(夕食懇親会、宿泊、朝食 19,520円)が含まれております。

部長のための人材育成力・組織連携力強化コースのお申込み