朝日ウッドテック株式会社 谷口氏 階層別研修インタビュー【1/2】

topics

JMAに関する最新情報を配信

朝日ウッドテック株式会社 谷口氏 階層別研修インタビュー【1/2】

2016.12.20 企業担当者の声

木質建材の総合メーカーである朝日ウッドテック株式会社では、
役職毎に研修をおこなう階層別研修を継続して実施しています。

JMAの研修を継続してご活用いただいているその理由について研修を担当されている谷口様に、日本能率協会 寺島が伺いました。

役職の自覚を持つための場

(寺島)
小会の階層別研修をご活用していただき、ありがとうございます。
研修を実施する理由はなんでしょうか?

(谷口氏)
弊社では、それぞれの役職に就いた時点で研修を受けてもらうように体系づけています。
係長に就いたら係長の役職に必要な研修を受ける、管理職に就いたら管理職に必要な研修を受ける。
それぞれ社内で教育しきれない部分をJMAさんに委託しています。
研修を受けてもらう理由は、役職毎に必要な知識を習得するためもありますが、知識面だけでなく自分がそういうポジションにいるという「自覚」を持ってもらうためです。
また、会社にいると外部との接触は少ないため、外部の同じような立場の人と接点を持ち、意見交換をする中で刺激を受けてもらうことも研修の目的ですね。

(寺島)
「知識の習得」「役職としての自覚」「外部との交流」が研修をおこなう理由なのですね。

(谷口氏)
そうですね。そういった目的があって、研修に派遣しています。

(寺島)
JMAの階層別研修を知ったきっかけは?

(谷口氏)
私が人事を担当する前から、貴会とお付き合いをしておりました。一方、私がJMAさんの研修を知ったのは私自身が貴会の管理職研修を受けた時です。
今回、研修を主催する立場になって前任者からの引き継ぎで改めて貴会を再認識しました。

自ら考える「討議型」スタイル

(寺島)
JMAの研修を継続していただいている理由は?

(谷口氏)
人事担当になって初めて「世の中に、こんなにたくさんの研修があるのか」と知りました(笑)。
各社からDMやメールをたくさん頂きます。飛び込み営業もあります。
研修先をきっちりと比較検討しなければいけないなという気持ちはあるのですが、書類だけではわからないですし、セールストークだけでもわかりません。
研修会社を変えるとなると、自分で実際に研修を体験しないとその決断はできないと思います。
JMAさんの研修に参加した受講者からは「他社の人と議論し刺激を受けた」「良い機会でした」という声が多く聞こえますので、引き続き派遣させていただいています。

(寺島)
ありがとうございます。参加者の方は、どんな感想が多いでしょうか?

(谷口氏)
繰り返しになりますが、様々な分野の方々が参加されていて、一緒になって考えたり話をしたりするので、刺激を受けたということを良く聞きます。
貴会の研修しか私は経験したことが無いのですが、JMAさんの研修は「詰め込み型」「レクチャー型」ではなくて、「討議型」ですよね。
自ら考えてアウトプットを出すことに主眼が置かれている。これは私自身の受講体験からもそう思いますし、他の受講者も同じ感想を持っています。

(寺島)
そうですね。講義を聞くだけではなくて、実際にワークをおこなって共に考えるというスタイルをとっています。